【朝活】ダメダメ人生から復活する方法(徳本昌大さん)に参加しました

約2年ぶりに、徳本昌大さんのセミナーに参加してきました。
主催は朝活ネットワーク富山さんです。






サラリーマン時代の徳本さんが、ワーカホリックでアルコール中毒であったことはお聞きしていました。

その後断酒に成功し、読書を通じて、あるいはコーチングとの出会いによって夢実現の道を切り開いたことも。

今回のセミナーでは、この行間に刻まれている徳本メソッドを、詳細にレクチャーいただきました。

徳本さん(左)と朝活ネットワーク富山主宰の永吉さん(右)


小さな習慣がもたらす未来

困ったことに、悪い習慣は完璧なまでに無意識のもと行われます。
徳本さんによれば、悪い習慣を良い習慣に置き換えるには、イメージの力と実行意識が不可欠です。

良い習慣は最小レベルのアクションで十分であり、これを継続の周回軌道に乗せる。やがて習慣となり、小さな変化が生まれ、夢の実現につながっていく。

これはとりも直さず、ライフハックの本質と符合するように思います。
とかく効率化や生産性を上げるテクニックとして見られがちなライフハックですが、そうした狭い解釈を指すわけではありません。

小さな習慣が自分にいい影響を与え、人生さえも変える。
ライフ(人生)をハックすることで未来の可能性が広がる。

今の一瞬をうまくこなす技術だけでなく、もっと広いスコープで見た、自分への投資行動もまたライフハックなのです。


悪習慣リストと夢リストの活用

悪い習慣の恐い点は、時間や健康、可能性というリソースを奪うことにあります。
前段でも述べたように、無意識に行われていることも厄介です。

これに対抗する手段として、徳本さんから悪習慣をリストに書き出す作業を勧められました。これで自分の状況が鮮明になり、何をやめるべきか、思考スイッチが入りやすくなるといいます。

また、「夢100リスト」を書き続けることも有効な手段です。
夢100リストは、達成したい事やなりたい自分のイメージを明確にします。
これを逆算思考でプランニングすれば、おのずと3つのリソースを無駄にしない意識が働くわけです。

徳本さんは夢100リストを書き続けており、達成項目が増えていく様が喜びと意欲を掻き立てるのだそうです。



まとめ

このほかにも、徳本さんの書評に出てくる著者とその引用句の紹介、好きなコトを続けること、仲間と応援を得ることなど、盛沢山の内容がありました。

人生を変えたり、夢を叶えたりするには、小さなアクションを絶えずやり続けることが必要だと徳本さんは仰います。

人はアプリとは違い、ワンクリックで人生をアップデートできません。
FIT&GAPに悩むかもしれませんが、小さな習慣を持ち続けることが、変化を生む近道なのです。

自分の夢を実現するにはどうすればいいのか。
徳本さんのこの言葉にヒントがある気がします。

自分の人生のCEOになる


ダメダメ人生から復活する方法というセミナーでしたが、併せて人生を楽しむ方法もお聞きすることができました。徳本さんと朝活ネットワーク富山の永吉さんに感謝を申し上げます!

人気の投稿