モレスキンのページを綴ります!

そもそもモレスキンと向き合う時間が、自分に様々な潤いをもたらしてくれることは間違いありません。最近では街を歩きながら、気になった場所をスケッチすることに楽しさを覚えています。

ココを自分のフィルターを通して描き起こすとどうなるだろうか。

モレスキンの見開きが、どんな雰囲気を生み出してくれるだろうか。

そうした「お楽しみ感」を抱きつつ、モレスキンのページを創ることが何とも心地いいのです。


coiffure bonton
coiffure bonton にて


このブログには、自分がモレスキンに描き入れたシーンを綴っていこうと考えています。

既出のページも含め、今後はここで僕のモレスキンを公開しますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

人気の投稿