軌跡だけでは勿体ない。今に溶け込む旅ログが面白い!「旅ログ・スタイルブック」


「旅を楽しみたい」

そう思うのは旅の前、旅の途中だけではないでしょう。

旅から戻り、再び見慣れた景色に囲まれたとき、旅先で味わったフレーバーを楽しみたいと思うなら、旅ログがこの上ない味方となってくれるはずです。

実は旅ログというと、お気に入りのノートのページにチケットやイラストや文字を鏤め、旅の軌跡を圧縮するイメージがありました。

もちろんそのページから感じられる雰囲気は、とても楽しいものがあります。ただどうしても、一旦現地イメージを想起してから、ページ上の軌跡を辿らざるを得ないというのも正直な思いです。


旅フレーバーから生み出されるもの

しかし本書を開けば、旅ログはそうした世界だけではないことを、とても興味深いスタイルで魅せてくれます。

ここに登場する10組の旅人は、旅先で堪能したフレーバーをソースにし、自らの手でその独自性を創作しているのです。


例えば、ある旅人は「食べられる旅ログ」を作っています。

旅先の記憶を書き留めたノートからアイデアが生まれ、キュートなクッキーを焼き上げる。それを誰かにプレゼントしたら喜んでもらえるし、みんながハッピーになれる。



そしてある旅人は「旅のカケラ」から、様々なものをハンドメイドで生み出しています。

旅先の森で拾い集めた自然素材を使い、コラージュノートを作ったり、オブジェを作ったり。自然が生んだデザインは、かわいい魅力に満ち溢れているのだそうです。



 こうした旅ログ作りは、楽しんだ過去旅に会いに行くというよりも、「いつも会っている」スタンスと言えます。

目にした景色やモノを、記録のストックだけに留めておくのは、実はとても勿体ないことなのかもしれませんね。


なお、本書巻末には「旅ログ」サポートステーショナリーの紹介記事が掲載されています。うれしいことに、旅ログに使える8色のラベルまで付いています。これを見てしまっては、文具クラスタの物欲に火がつくというものです(笑)



豊潤なフレーバーが漂う旅ログを作ってみたい方は、本書から、きっと自分スタイルのヒントが得られるはずです。

旅の新しい楽しみ方を、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか!

旅ログ・スタイルブック
旅ログ・スタイルブック

人気の投稿