スイス軍用自転車の誘惑!?

かつて、バイクのVESPA50Sビンテージを購入したら、通勤にも使おうと考えていました。実際、購入すら実現しなかったのですが、今はその夢を自転車に託そうとしています。

雑誌でビンテージの香り漂う自転車を見ようものなら、気になって仕方ありません。しかしその素性が分からず、悶々とすることが多いのです。

そんな折、とあるガレージで気になる自転車と遭遇しました。
リアフェンダーの黒、白、赤の組み合わせに惹かれ、スケッチすることに。


Bicycle"Swiss"



オーナーさんのお話によれば、これは1981年製のスイスの軍用自転車。
その歴史は古く、1940年代からデザインは殆ど変わっていないのだそうです。

少し触らせて頂いたのですが、なるほど軍用というだけあって、その重量感はなかなかのものでした。なんと自重だけで約23kgあるとのこと。細部を見れば、エアポンプや工具、大ぶりのレザーバッグまで装備しています。


「兵の移動手段として作られた自転車だけど、サラリーマンの通勤手段に使うのもアリか」などと、胸の奥底で不敵な笑みを浮かべていました。

プライスを伺うまでは、ですが(笑)

人気の投稿