美崎栄一郎氏 出版25冊記念講演会@富山 に参加しました

6月19日、美崎栄一郎さんの出版25冊記念講演会に参加してきました。

25冊目の出版記念として、全国25カ所で講演されるわけですが、富山は16番目の開催地となります。


130619美崎氏講演会サイン



イベント告知では著書3冊をテーマにした講演とありました。
選ばれたのはこちらの3冊です。





Facebookバカは16冊目の著書で、16番目の開催地と掛けられています。
他の2冊は、参加者への事前アンケートによって選ばれていました。

実のところ、美崎さんイベントの参加経験上、告知どおりの講演になる筈がないと思っていたのですが、やはり予想は的中しました!



脱線トークに潜むもの
実際には先の3冊以外の著書も色々登場してきました。
そしてもはや真骨頂とも言うべき「脱線トーク」が冴え渡ります。

美崎さんのお話は「本筋」と「脱線」がシームレスなので、メビウスの輪を見ているような感覚になります。

脱線トークには、物事を観るポイントや検証行動など「学びの要素」が詰まっていて、それらが出版の元ネタ、キッカケ話にリンクしていきます。
本筋トークは、成果物である著書自体のお話になる訳ですね。

とても楽しいのですが、油断すると大事な話がサラッといきそうなので注意が必要です。これもまた美崎さんの仕掛けらしいのですが(笑)


130619美崎氏出版25冊記念講演会@富山




美崎さんの研究は続く
講演の中で、仕事術として面白い方法をご紹介頂きました。

ある種の先読み力やコミュニケーション技術かと思いますが、ちょっとしたコツで実践できそうなものでした。


更に興味深かったのは、美崎さんご自身の学び方です。

自分に無いものを持つ人をロールモデルパーソンにする。
「無いもの」を「目標」に設定し、研究、実践、検証行動を続ける。

そしてロールモデルパーソンとの差を詰めるのだそうです。


また、映画化されるような小説を書く夢もあり、研究に取り組んでいるというお話も。こちらも楽しみですね。


様々なお話がありましたが、僕が最も印象に残った言葉がこちらです。
もしかしたら、ご自身のミッションなのかもしれません。
引退した後じゃなく、自分が現役の時代に、現役の知恵を届けたい



おすすめアプリのご紹介
こちらは講演会のお楽しみコーナーと言っていいでしょう。

今回紹介されたアプリは、カンミ堂さんのピコットフセン。
デジアナツールとして人気があるようです。
スマホに大量の画像が入っている方は、楽しく管理できるアプリですね。


picotto fusen
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ

販売元: KANMIDO CO., LTD. - KANMIDO CO., LTD.(サイズ: 4.7 MB)


詳しい使い方などはコチラで。

ピコットフセン商品紹介TOP | カンミ堂







今回の講演会は2時間でしたが、濃密な内容であっという間に時間が過ぎました。今更ですが、その視点の豊富さに驚かされます。

美崎さんは富山にいらっしゃる頻度が高いので、講演会参加者にはリピーターも多い筈です。しかしながら、ネタかぶり感は殆ど感じることが無いでしょう。

美崎さん、今回も沢山の知恵を教えて頂き、ありがとうございました!

人気の投稿