スキップしてメイン コンテンツに移動

ブログにFeedly登録ボタンを設置しました


Googleリーダー終了まで、残すところ数日となりました。
僕もそのひとりですが、「Feedly 」へ移行する方がよく見受けられます。

実際、Googleリーダーから「Feedly」へのデータ移行はとても簡単です。

Feedlyのウェブサイトで[ One-click Google Reader Import ]をクリックし、Feedlyの許可リクエストを承認すればOKです。


feedly-1



また、ブログに「Feedly登録ボタン」を設置しておくことも有効かと思います。読者の方にFeedly登録して頂ける際にわかりやすいですし、とても便利な機能でもあります。

そこで、このブログを例に「Feedly登録ボタン」設置方法をご紹介します。わずか3ステップで完了します。


設置方法
Feedly公式サイトに行き、Publisher toolsのページに入ります。
ここにFeedlyボタン作成ページが用意されています。

feedly. your news. delivered.









feedly button-1

設置したいボタンデザインを選びます。




feedly button-2

ブログのフィードURLを入力します。
このブログ Plain Notebook はBloggerですので、
http://minny67.blogspot.com/feeds/posts/default となります。




feedly button-3

生成されたコードをコピーします。
このブログと同じくBloggerをお使いであれば、レイアウトの「ガジェットの追加」から「HTML/JavaScript」を選択。
コピーしたコードを貼付けて保存すればOKです。



6月19日からは、IFTTTを含む9つのサービスがFeedlyに対応しています。
とりわけ、IFTTTとの連携が可能になったことで、自分の情報流通網が構築できるようになります。

こうした動きは、もはやFeedly以前への原状復旧ではなく、今後新たな可能性を生むのかもしれませんね。

とても簡単ですので、Feedlyへの移行、ブログにFeedly登録ボタンの設置を試してみては如何でしょうか。

このブログの人気の投稿

湊町の畳屋さんから生まれ変わったカフェuchikawa六角堂。ビンテージの記憶と魅力をスケッチしました!

富山県の射水市(いみずし)新湊地区を流れる 内川 。 そのほど近くに、カフェuchikawa六角堂さんがあります。 六角堂さんの店舗は、もともと築70年ほど経った畳屋さんでした。 空き家となり、取壊し寸前だったところを今のオーナーさんが譲り受け、カフェとして再生したのです。 以前からお店のことは存じ上げていましたが、オープンから2年半以上経って、ようやくスケッチすることができました。 六角堂さんの特徴は、独特の形をした店舗にあります。 場所が角地だったため、珍しい2度の「角切り」により、六角形の姿になったのだそうです。 店内は、躯体や家具に使用されている木が伝統家屋らしさを保ち、落ち着いた雰囲気になっています。 天気のいい日には、1階の大きなガラスから目映い光が差し込みます。 2階も窓面積が大きく、気持ちのいいフロアになっています。 また、店内にはバリ島で作られた革張りベンチや椅子がありました。 アジアンテイストを際立たせながらも、全く違和感がありません。 1階奥にある革張りベンチ 2階の角に構える椅子 店内を拝見したあとは、クレームブリュレとカフェ・ラテを注文し、しばし卓上観察をしました。 まずは畳の縁で作られた、味わいのあるコースター。 お店が元畳屋さんだったことを考えると、なかなか粋な感じがします。 他にもいろいろ種類があり、思わず欲しくなりました。 こちらは美しいデザインのおしぼり受けとグラスです。 これら3つを見て感じたのは、六角形のイメージが徹底されていること。 お店の方に伺ったところ、やはり六角形をベースに統一感を出しているそうで、それはお店の入り口にあったロゴに象徴されていました。 六角堂さんのクレームブリュレは注文後に焼いて、一旦冷やしてから提供されます。焦がしたてのカラメルと甘いカスタードクリーム、これらが冷やされた味わいはとても美味でした。大きな器に入ってくるのも嬉しい限りです。 また、六角堂さんで使用するコーヒー豆や紅茶はすべてオーガニックとのこと。 食材も可能な限りオーガニックのものを使い、化学調味料・保存料などは無添加にされています。

スターバックスコーヒーの紙ナプキンスケッチを楽しむ

久しぶりにスターバックスコーヒーでスケッチをしてきました。 いつものモレスキンノートブックではなく、紙ナプキンに描くスケッチです。 このスケッチは、 スターバックスコーヒー富山環水公園店 のテラス席から見える天文橋(てんもんきょう)を描いたもの。使ったのは茶色と焦げ茶色の色鉛筆だけです。 この日は天気が良く、テラス席にはいい風が入り、なんとも心地よい時間を満喫することができました。 スケッチをしている間、他の感覚が遮断されているかというとそうではありません。僕の場合、音はすごく影響があり、いい曲が流れてきたらすかさずキャッチします。 この日も描き始めるや否や、テラスにマック・デマルコの曲が流れてきました。PVはおどろおどろしい感じですが、耳触りの良い脱力ボーカルのおかげで5分で描き上げています。 ちなみにこちらは、2015年12月に富山環水公園店の店内で描いたもの。この時はロディアの鉛筆で描き、お店に進呈して帰りましたので今は手元にありません。 なぜ紙ナプキンに描く気になったのか スターバックスコーヒーの紙ナプキンに描く理由は何か? まずは色合いや紙しわに、ビンテージペーパーの装いを感じるからです。 これまでモレスキンノートブックに描いてきたスケッチは、期せずして「ビンテージ風だ」と言われることが幾度もありました。 自分もその雰囲気が好きなこともあり、作風に現れたとしても不思議ではないので、この紙ナプキンに描くのはごく自然な感覚だったのです。 また、スターバックスコーヒーでは紙コップや紙ナプキンなどに、店舗で使われた牛乳パックの再生紙や FSC(Forest Stewardship Council) の認証紙を使用しているそうです。 Topics(2016/09/27)|スターバックス コーヒー ジャパン 1杯のコーヒーから世界の森につながるFSC®認証紙のペーパーカップ www.starbucks.co.jp 使用後には捨てられる運命の紙ナプキンですが、こうしたスケッチを描いて残すのも、サステナブル・ユースのひとつかと思います。 機会があれば今後も作品を増やし、紙ナプキンアートとして楽しむのもいいかもしれません。