初メカスケッチ!アメリカ公衆電話を描いてみた

猛暑の中でスケッチする勇気はありませんでしたが、ここへきてようやく描くことができました。やはり外でのスケッチは、心に潤うものがあります。

行先は、もはや半自動で足が向いてしまうアメリカンアンティーク店。
今回は初のメカモノ、それも公衆電話のスケッチです。


PUBLIC PHONE


かつての激務の跡があちこちに見えるのですが、それがいい味わいとなっています。デザインは、以前映画で見たような気もしますね。


このアメリカ公衆電話は、すでにその役目を終えています。

しかし、現役を退き、アンティーク店でくつろいでいるかのような佇まいには、また別の存在感があります。

「いま何に使える」が無くても、「あるだけでいい」というのもデザインの魅力かもしれません。

それが僕のスケッチスイッチを押してくれるのですから。

人気の投稿