スケッチは経験と感動のページ。クリスマスモレスキンを描いて本当に良かった!

2013年の12月、僕のモレスキンにとって貴重なイベントが2つありました。
ひとつはモレスキンスケッチ展を開催できたこと。
初の個展でしたが、たくさんの方にご覧いただき、感無量でした。


もうひとつは、クリスマスシーズンのモレスキナリーに、主宰のYOKOさんとのコラボ作品が掲載されたことです!




この企画は、YOKOさんがロンドンで出会った素敵なクリスマスツリーを、僕がモレスキンに描くというものでした。

ctil-r



このとき描いたツリーは、僕には色んな意味で特別な存在です。

先日、とある機会で、僕のスケッチの製作過程を見たいというお声をいただきました。せっかくですので、このツリーのスケッチでお応えしようと思います。


僕の場合、まずはラフを描くことから始まります。
ラフといってもそのまま使うので、ある程度しっかり描きます。

ctil-1

これで対象の厚みや、光と影の流れを手にインストールしていきます。
スケッチのときはいつもそうですが、僕はこのときの感覚を最後まで持続します。



次に、光と反射を表現すべく、色を付けていきます。
クリスマスツリーの個性が決まる、大切なポイントだと思います。

ctil-2

このあとツリーのボディである緑を入れ、影をつけていきます。



次に背景の建物に色をつけていきます。
あくまで、ライトアップされた建物だということを意識しています。

Christmas tree in London 2013


そして最後に、ツリーを見ている人々を描きました。
肩から上の姿だけで「立ち止まっている感」を出すこと。
全員の髪質が違うことと(パーカーの方以外)、髪への光の当たり具合など表現したつもりです。

細かいことはまだありますが、特に意識した点を3ステップでご紹介しました。


誰かの感動をスケッチする
夜景であること。夜景に映えるツリーであること。
クリスマスツリーのある風景として、これはとても自然な姿です。

これをスケッチで描こうとしたとき、僕は未経験の表現をすることになりました。そういう意味では、チャレンジングなスケッチだったのです。


同時に、とても貴重な感覚を味わうこともできました。
 
YOKOさんが見たクリスマスツリーを、僕は現地で、この目で見た訳ではありません。
それでも素敵なツリーだと感じ、モレスキンに描き上げることができたとき、とても感動しました。僕にとってもメモリアルページとなったのです。


スケッチを通して新たな経験をする。

それは自分で見たものに限定されず、誰かの感動からも得られるかもしれません。
そのときはしっかり、モレスキンにペンを走らせます!

人気の投稿