古き良きデザインと観葉植物ですどうぞのコーナー描きました

久しぶりにスケッチのエントリーです。
今回は「技ありディスプレイ」を見つけたのでスケッチしました。
元々はコーヒー豆を挽いた粉を入れていたブリキ缶と観葉植物の組み合わせです。


このブリキ缶は1950年代のもので、ケーキの4号サイズ(直径約12cm)ほどの大きさがあります。

入っていた観葉植物はセダムと高砂の翁。大きさもピッタリで、妙に洒落た雰囲気を漂わせていました。

アイデアは既存要素の組み合わせと言いますが、このディスプレイは上手い例だと思います。

60年前のブリキ缶を使うアイデアは、「代用」ではなく「新スタイル」を生んだのかもしれませんね。スケッチした挙句に物欲スイッチまで入りました!

人気の投稿