湊町の畳屋さんから生まれ変わったカフェuchikawa六角堂。ビンテージの記憶と魅力をスケッチしました!

富山県の射水市(いみずし)新湊地区を流れる内川
そのほど近くに、カフェuchikawa六角堂さんがあります。

六角堂さんの店舗は、もともと築70年ほど経った畳屋さんでした。
空き家となり、取壊し寸前だったところを今のオーナーさんが譲り受け、カフェとして再生したのです。

以前からお店のことは存じ上げていましたが、オープンから2年半以上経って、ようやくスケッチすることができました。




六角堂さんの特徴は、独特の形をした店舗にあります。
場所が角地だったため、珍しい2度の「角切り」により、六角形の姿になったのだそうです。



店内は、躯体や家具に使用されている木が伝統家屋らしさを保ち、落ち着いた雰囲気になっています。

天気のいい日には、1階の大きなガラスから目映い光が差し込みます。



2階も窓面積が大きく、気持ちのいいフロアになっています。



また、店内にはバリ島で作られた革張りベンチや椅子がありました。
アジアンテイストを際立たせながらも、全く違和感がありません。

1階奥にある革張りベンチ


2階の角に構える椅子



店内を拝見したあとは、クレームブリュレとカフェ・ラテを注文し、しばし卓上観察をしました。

まずは畳の縁で作られた、味わいのあるコースター。
お店が元畳屋さんだったことを考えると、なかなか粋な感じがします。
他にもいろいろ種類があり、思わず欲しくなりました。



こちらは美しいデザインのおしぼり受けとグラスです。



これら3つを見て感じたのは、六角形のイメージが徹底されていること。

お店の方に伺ったところ、やはり六角形をベースに統一感を出しているそうで、それはお店の入り口にあったロゴに象徴されていました。




六角堂さんのクレームブリュレは注文後に焼いて、一旦冷やしてから提供されます。焦がしたてのカラメルと甘いカスタードクリーム、これらが冷やされた味わいはとても美味でした。大きな器に入ってくるのも嬉しい限りです。



また、六角堂さんで使用するコーヒー豆や紅茶はすべてオーガニックとのこと。
食材も可能な限りオーガニックのものを使い、化学調味料・保存料などは無添加にされています。

自家製カレーとサンドウィッチが人気だそうで、次回は両方いただく予定です。


伝統家屋と地域が織りなすくつろぎ空間

六角堂さんの周辺には古い町家が多く、そばを流れる内川は穏やかで、このまち全体がひとつに溶け合っているように見えます。

内川の東橋(あづまばし)はスペインの建築家セザール・ボルテラのデザイン


その中でごく自然に人が集まり、ゆっくりくつろげる空間が六角堂さんであることは間違いありません。

また、内川沿いではスケッチしている方を何人も見かけました。
こうした皆さんとこの界隈をスケッチウォークし、六角堂さんで交流会ができたらきっと楽しい気がします。

まちもカフェも素敵なビンテージプレス。
機会がありましたら、ぜひここを訪れて、ゆっくり過ごしてみることをおススメします!


│カフェ uchikawa 六角堂│トップページ│






カフェuchikawa六角堂
【営業時間】
 10:30 〜 20:30(ラストオーダー20:00)

【定休日】
 毎週月曜日(祝日の場合は営業。翌日はお休み)

【TEL】
 0766-30-2924



人気の投稿