スキップしてメイン コンテンツに移動

モレスキン イベントレポート「あなたの人生の物語を創る手帳」に参加しました!

去る12月6日、渋谷ロフトで開催されたモレスキンイベントに参加しました。渋谷ロフト1階では、12/27まで期間限定ポップストア「モレスキンギャレリア」がオープンしており、週末に様々なイベントが行われています。

日本で一番モレスキンを取り揃えた『モレスキン メガストア』を、11月25日(水)から12月27日(日)までの期間限定で、ロフト渋谷店1階にオープン致します。モレスキンらしいミニマムデザインの店内には、日本初上陸の商品が多数並びます。
www.moleskine.co.jp


ストアでは箔押しによる名入れサービスが行われ、僕もスケッチ用モレスキンに"MINNY" を入れていただきました。





今回はポップストアのオープン記念イベントで、トークイベントとワークショップの2部構成になっていました。

minnyさん(@minny67)が投稿した写真 -




第1部 トークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」

第1部は「モレ本2 モレスキン人生を入れる61の使い方」の著者のみなさんが一堂に会するトークイベントです。

ここでは「モレスキンを使うテクニック」というテーマは出てきません。
著者のみなさんに「最近何を書いていたか」をご紹介いただき、モレスキンとの向き合い方を発見するひとときになりました。


高谷宏記さん @blanq
高谷さんにとってモレスキンは人生を繋ぎ止める「遊び」であり、人生を変えるかもしれない「旅」そのもの。

まずもって、ノートブックの本質は遊び心にあると言って、モレスキンに保冷剤つけてビール冷やしたり、焼き鳥挟んだりして遊ぶ人を僕は初めて見ました。初対面の方にとってはすごいアイスブレイクです(笑)

画像は保冷剤付きモレスキンでビールを冷やしているところ。
高谷さんは奥で喋っていらして、僕の場所から見えづらかったのでごめんなさい!



高谷さんは誰かとの会話も含め、気になったことや体験したことは心の片隅でなくモレスキンに繋ぎ止めると言います。
そうしなければ、人生の物語はあっという間に流れ去ってしまうとも。

バーで酔いながら教わった地図の降り方や尺八の音階、趣味の野外生活で起こった出来事など、様々なものがそこにはありました。

今、自分が何をして真剣に遊んでいるかをモレスキンに記していく。
やがてモレスキンは1冊の物語となり、その後の人生に再び舞い戻る。
時には人生を変えることさえある。

(モレスキンを)使っているあなたが面白いから、面白い物語ができるんだよ。

人生とモレスキンをフリースタイルで楽しむ高谷さん。
その言葉が心に響きました。



中牟田洋子さん @YOKOnotes
YOKOさんからは2冊のモレスキンをご紹介いただきました。



1冊はイギリスで大学生時代に使っていたリサーチ・ノートです。

当時、貧困問題やフェアトレードについて研究していたYOKOさん。
様々な文献を読み、内容のサマリーとともに、理不尽さに対する憤りなどの感情まで記されていました。

もう1冊は大学の研究論文の完成後に向かった「芸術巡りの旅」ノートです。
アートが好きなYOKOさんは、ニューヨークを皮切りにヨーロッパ各地を旅歩き、印象深いアート作品や風景写真などをモレスキンに収めていました。

このノートの魅力は、偶然見たものを逃さず記録していることです。

例えばヴェネチアの国際アートの祭典で撮った写真と記録。

ロシアのブーススタッフが、食べたピーナッツの殻を2階から捨て続け、1階に降り積もった殻の山をお客さんがじっと眺めている。
こんな写真がモレスキンにあると面白くで仕方ありません(笑)

旅の計画は予想で作れますが、現地で起こることは予想できません。
事前に得られる情報以外の、その瞬間にしか出会えない物語を見事に切り取っていたのです。

最後に、YOKOさんは「モレスキンノートブックの在り方」をこう話してくださいました。
なにかを探しているノート(創造性を追求している)
なにかを表現しているノート(芸術性を追求している)

僕は自分実験のつもりでモレスキンにスケッチを描いていますが、そういう意味では芸術性の追求になっていたのかもしれません。



堀 正岳さん @mehori
堀さんからは、モレスキンに記した46日間の北極観測航海の記録をご紹介いただきました。



航海中、モレスキンに観測結果を記録する日々が続いた堀さん。
毎日データのみを記録していると、非凡なことさえ平凡に感じるほど感覚が単調になったと言います。

堀さんはこの状況を打破すべく、「誰が読むわけでもないけれど、自分にしか作れないノート」を作ることにしました。

記録写真の周りに落書きをしてみたり、ネガティブな内容であっても自分の精神状態を書き連ねることを続けたのです。

今は北極にいてもグーグルでウィキペディアの完璧な情報が得られます。
しかし堀さんには、完璧な情報よりも「自分にとって意味と興味のある情報」を得ることのほうが大切で、結果的にウィキペディアよりいいものになったとのこと。

また、堀さんから一つだけテクニック紹介がありました。
撮った写真をその場で写真シールなどに印刷するため、旅先にはいつも小型スキャナを携行するそうです。


あとは「ScanSnap Cloud」に写真データを保存すればどこでも印刷できるので、旅先での時間の使い方が劇的に変わるとのことでした。

PFUイメージスキャナScanSnapとクラウドサービスを、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、直接つなげるサービス「ScanSnap Cloud」のご紹介ページです。クラウドサービス連携はイメージスキャナ世界シェアNo.1のPFUにお任せください。
www.pfu.fujitsu.com



第1部を終えて

モレスキンとの向き合い方について、みなさんのモレスキンから感じ取ったこと。

それは「自分にとって意味のあるものを綴ること」「自分がわかればいいノートにすること」の2つに尽きます。

そして書き方や使い方、ツールなどにこだわる意味はあまりないと考えます。

ただひとつこだわるとすれば、最初から何も書かれていない、ややクリーム色がかった紙の束であるモレスキンを使うこと。これこそ僕がモレスキンを好む理由であり、自由に使える魅力そのものです。

また、第1部の冒頭と終わりに堀さんが繰り返し引用されたガブリエル・ガルシア=マルケスの言葉は、人生を物語として語るうえで、「生」の瞬間の大切さを感じさせてくれました。

人の生涯とは、人が何を生きたかよりも、何を記憶しているか、どのように記憶して語るかである。


先ほども述べたように、僕はスケッチで感覚的にモレスキンに記録しています。描くものに出会った瞬間の感覚に同じものはありませんし、あとで同じものを描くこともできません。

こうした一度きりの感覚を受け止めてくれるのがモレスキンなのでしょう。


記すは自分、語るはモレスキン。
以前にも増して、モレスキンに対する信頼が大きくなりました。

このあと行われた第2部のワークショップは、次の記事でご紹介させていただくことにします!

このブログの人気の投稿

【朝活】ダメダメ人生から復活する方法(徳本昌大さん)に参加しました

約2年ぶりに、徳本昌大さんのセミナーに参加してきました。
主催は朝活ネットワーク富山さんです。




【朝活】5/28(日)ダメダメ人生から復活する方法 ~アル中を克服して複数の会社の取締役になった徳本昌大が人生を劇的に変える方法

サラリーマン時代の徳本さんが、ワーカホリックでアルコール中毒であったことはお聞きしていました。

その後断酒に成功し、読書を通じて、あるいはコーチングとの出会いによって夢実現の道を切り開いたことも。

今回のセミナーでは、この行間に刻まれている徳本メソッドを、詳細にレクチャーいただきました。



小さな習慣がもたらす未来 困ったことに、悪い習慣は完璧なまでに無意識のもと行われます。
徳本さんによれば、悪い習慣を良い習慣に置き換えるには、イメージの力と実行意識が不可欠です。

良い習慣は最小レベルのアクションで十分であり、これを継続の周回軌道に乗せる。やがて習慣となり、小さな変化が生まれ、夢の実現につながっていく。

これはとりも直さず、ライフハックの本質と符合するように思います。
とかく効率化や生産性を上げるテクニックとして見られがちなライフハックですが、そうした狭い解釈を指すわけではありません。

小さな習慣が自分にいい影響を与え、人生さえも変える。
ライフ(人生)をハックすることで未来の可能性が広がる。

今の一瞬をうまくこなす技術だけでなく、もっと広いスコープで見た、自分への投資行動もまたライフハックなのです。


悪習慣リストと夢リストの活用 悪い習慣の恐い点は、時間や健康、可能性というリソースを奪うことにあります。
前段でも述べたように、無意識に行われていることも厄介です。

これに対抗する手段として、徳本さんから悪習慣をリストに書き出す作業を勧められました。これで自分の状況が鮮明になり、何をやめるべきか、思考スイッチが入りやすくなるといいます。

また、「夢100リスト」を書き続けることも有効な手段です。
夢100リストは、達成したい事やなりたい自分のイメージを明確にします。
これを逆算思考でプランニングすれば、おのずと3つのリソースを無駄にしない意識が働くわけです。

徳本さんは夢100リストを書き続けており、達成項目が増えていく様が喜びと意欲を掻き立てるのだそうです。




まとめ このほかにも、徳本さんの書評に出てくる著者とその引用句の紹介、好きなコトを続けること…

【朝活】iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!に参加してきました

去る1月18日、久しぶりに朝活@富山に参加してきました。


【朝活】1月18日(日)「iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!!」



講師はソーシャルおじさんこと、徳本昌大さん。
今回は、徳本さんが考える「幸せになるためのルール」を3つのテーマで講演いただきました。



悪い習慣を良い習慣に置き換える 変化するには、古い習慣を新しい習慣に置き換えねばならない 徳本さんからご紹介頂いたのが、米国の作家 でありコラムニストのウィルハード・アラン・ピーターソンの言葉です。

かつてご自身も習慣の置き換えによって断酒を成し遂げ、自らの環境や立ち位置を一変させたとのこと。

人生を変える決心をしたとき、最初に意識されたのは「習慣」だったわけです。それ故か、徳本さんの熱量の高さを感じました。

ちなみに、徳本さんがオススメされていた習慣化アプリはこちらです。

ウィプル 習慣 - Weple Habit, To-Do
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

習慣を継続するには、いきなり劇的な変化を求めず、まず変化の芽を投じることから始める。小さくても新しい習慣を続けてみる。

これは僕の感覚でしかありませんが、そこから人生を変える可能性が実感できるのだと思います。


僕はGoogleのエンジニアであるマット・カッツ氏のTEDトークが好きで、何度も見ています。その名も「30日間チャレンジ」



彼はこのトークの中で、「小さな持続可能な変化であれば続けられる」と語っています。だから自分のやりたかったことを、試しに30日間やってみましょうと。

習慣化の小さなスタートを切ることが、変化の足がかりになるのです。



iPhoneとソーシャルメディアとブログでインプットとアウトプット 新しい習慣が身に付き始めると、時間の使い方や意識の持ち方に変化が現れます。やりたいことを実行するうえで、必要な情報を常に意識するようにもなります。

ここでのポイントを、徳本さんはこう仰っています。

今日探そうと思う情報を意識してネタを集める
無意識に、偶発的に情報に出会うのではなく、センシティブでいること。 日頃集めたネタをEvernoteにインプットし、蓄積させていくこと。
蓄積したネタをベースに、SNSやブログでアウトプットすること。

いずれの流れも作業の中心はiPhoneであり、スキマ時間は可能な限りiPhon…

スターバックスコーヒーの紙ナプキンスケッチを楽しむ

久しぶりにスターバックスコーヒーでスケッチをしてきました。
いつものモレスキンノートブックではなく、紙ナプキンに描くスケッチです。


このスケッチは、スターバックスコーヒー富山環水公園店のテラス席から見える天文橋(てんもんきょう)を描いたもの。使ったのは茶色と焦げ茶色の色鉛筆だけです。

この日は天気が良く、テラス席にはいい風が入り、なんとも心地よい時間を満喫することができました。


スケッチをしている間、他の感覚が遮断されているかというとそうではありません。僕の場合、音はすごく影響があり、いい曲が流れてきたらすかさずキャッチします。

この日も描き始めるや否や、テラスにマック・デマルコの曲が流れてきました。PVはおどろおどろしい感じですが、耳触りの良い脱力ボーカルのおかげで5分で描き上げています。




ちなみにこちらは、2015年12月に富山環水公園店の店内で描いたもの。この時はロディアの鉛筆で描き、お店に進呈して帰りましたので今は手元にありません。



なぜ紙ナプキンに描く気になったのか スターバックスコーヒーの紙ナプキンに描く理由は何か?
まずは色合いや紙しわに、ビンテージペーパーの装いを感じるからです。

これまでモレスキンノートブックに描いてきたスケッチは、期せずして「ビンテージ風だ」と言われることが幾度もありました。

自分もその雰囲気が好きなこともあり、作風に現れたとしても不思議ではないので、この紙ナプキンに描くのはごく自然な感覚だったのです。


また、スターバックスコーヒーでは紙コップや紙ナプキンなどに、店舗で使われた牛乳パックの再生紙やFSC(Forest Stewardship Council)の認証紙を使用しているそうです。
Topics(2016/09/27)|スターバックス コーヒー ジャパン 1杯のコーヒーから世界の森につながるFSC®認証紙のペーパーカップ www.starbucks.co.jp
使用後には捨てられる運命の紙ナプキンですが、こうしたスケッチを描いて残すのも、サステナブル・ユースのひとつかと思います。 機会があれば今後も作品を増やし、紙ナプキンアートとして楽しむのもいいかもしれません。

myMoleskine クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」に参加しました

モレスキンが日本限定で開催したイベント、クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」に参加しました。

クリエイティビティ・チャレンジとは、モレスキンがお題を出してユーザーから作品を募るイベントのこと。表現形式は自由で、さまざまなページがモレスキンのサイトに寄せられます。



これまでクリエイティビティ・チャレンジに挑んだことはなかったのですが、公式ファンサイト「モレスキナリー」管理人のYOKOさんからお誘いを受け、参加を決めました。
桜レポート - myMoleskine Community クリエイティビティ・チャレンジに参加して桜の季節をお祝いしましょう!あなたが心奪われた今年の桜を表現し、#M_Sakuraのハッシュタグを付けて、4月23日(日)までにご応募ください。 mymoleskine.moleskine.com
「らしからぬ」で彩る桜 古来より日本人の精神と文化に深く根付く桜。
どんなに定番の佇まいや景色を見ても飽きない、毎年心に潤いを与えてくれる桜は無敵の存在と言えるでしょう。

心をとらえてやまない美しさには、きっと無意識に求める「らしさ」があるはずです。でも僕は、心に残る桜のページをモレスキンに入れるなら、「らしからぬもの」で桜の季節感を表現したいと考えたのです。

そんなとき、まず頭に浮かんだのは桜ではなく一枚の写真でした。
そこにはYOKOさんと、優しい顔をした「象」が写っていたのです。

Finally, I met God. #chaingmai YOKOさん(@yokonotes)がシェアした投稿 - 2017 3月 31 12:07午後 PDT

チェンマイで撮影されたこの写真に、桜と同じように強く惹かれるものを感じました。僕の中で、神の使いである象の姿と桜の神秘性が繋がったわけです。

本来、この象(チェンマイ)と僕の見た桜(富山)は出会うはずもありません。しかしモレスキンならば、そのページ上に居合わせることが可能です。

心優しき象が、桜の優しい光に包まれる。
象の姿も、桜の色に染まっています。

それぞれは現実の存在ですが、「らしからぬ」イマジネーションのページをモレスキンに込めました。これもクリエイティビティ・チャレンジの一つのスタイルだと思っています。

また機会があれば参加して、モレスキンに新たなページを刻みます!

コボリジュンコさんの逆算手帳に掲載していただきました!

今年7月、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんから、あるご依頼をいただきました。内容はコボリさんプロデュースの「逆算手帳」に記入例を載せるというもの。ライフビジョンのページに、イラスト付の記入例を書くということでした。

約5ヵ月間スケッチを描いておらず、正直不安もありましたが、せっかくのコボリさんからのご依頼。自分の願望を呼び起こし、夢中で取り組んだ結果、七夕の日に完成しました。

逆算手帳のオフィシャルサイトには、手帳のコンセプトがこう書かれています。
「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳
逆算思考自体は、ビジネスプロジェクトのロードマップやマイルストーンを考えるときにも使います。しかし個人の夢は自分の欲求純度100%ですから、楽しさのテンションがおのずと変わってきますね。


●オフィシャルサイト
GYAKUSAN planner






「〜したいなあ、できたらいいなあ」だけで終わらせず、少しずつでも実行することが大事です。
逆算手帳のライフビジョンを描きながら、僕はタモリさんの名言が頭をよぎりました。
真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!

10月10日、朝活@富山さん主催のセミナーにコボリさんが登壇されます。

【朝活】ワクワクする未来を実現する手帳術


以前、コボリさんご自身も壮大な夢を持っていることを知りました。
今回のセミナーでどのようなお話が聴けるか、またレポートしたいと思います!


逆算手帳 GYAKUSAN planner 2017年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)
posted with カエレバ オールアングル Amazon 楽天市場

【プチ評】問題解決で面白いほど仕事がはかどる本(横田尚哉)

「なかなか進まないが、問題解決しなければならない」
「いくつか手を打ってきたが、解決には至らない」

ビジネスの現場で起こるこうした声。
ともすれば、未来永劫続くのかもしれません。

その原因を示す、ある偉人の言葉が横田尚哉さんの最初の著書に紹介されています。
いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない(アルバート・アインシュタイン)

問題解決のコンサルタントとして、30年以上クライアントの問題を解決してきた横田さん。多くのビジネスパーソンや企業そのものが、うまく解決できない理由を2つ挙げています。

問題の種類、解決のメカニズムを正しく知らない思考を助ける道具を十分に使いこなしていない
本書は、問題解決をする側自身が抱える問題に、正しい知識と理論、解決スキルを示すものになっています。

本書の問題解決の手法は、1947年に開発されたファンクショナル・アプローチがベース。思考原理は次のとおりです。
すべてのモノ(現物)やコト(現象)には、必ずファンクション(機能、役割、効用、意図など)がある。問題となっているモノ・コトの「カタチ」から離れ、本質となる「ファンクション」を足がかりに思考する。ファンクションを捉えるとき、「これは誰のため、何のため」を繰り返し、答えが出ないところに問題と解決ポイントが存在する
ファンクショナル・アプローチの原理については、横田さんの過去の著書で詳しく解説されています。本書では原理を簡潔にまとめ、解決スキルにフォーカスしています。



問題解決を面白くする未来思考 問題発見後に「分析」「創造」「洗練」の3ステップを踏むのですが、分析まではファンクショナル・アプローチの思考原理によるものです。

面白さが顔を覗かせるのは「創造」の段階。
過去の事例分析から仮説検証法で解決しようとせず、解決策をイチから創り仕上げる段階です。

ある意味、その企業の慣習や思考メソッドを上書きするかもしれません。
しかし根本的な問題解決に至らない理由が、冒頭に述べたアイン・シュタインの言葉にあるとするならば、取るべき選択肢はおのずと決まるはずです。

ここではヒラメキを人為的に起こりやすくする方法や、アイデア発想法を活用することなどが挙げられています。

面白いことに、このヒラメキやアイデア発想については、28年前に読んだジェームス・W・ヤングの「アイデ…