コボリジュンコさんのセミナー「ワクワクする未来を実現する手帳術」に参加しました

どんなにデジタルツールが進化を遂げても、手帳の存在に陰りが見えることはありません。

たぶんそれは、手書きには簡単に手放せない効果があることを、私たちが知っているからかもしれません。

常に自分の傍に置き、仕事でもプライベートでも相棒として機能する手帳。
その相棒が、受動タスクで埋め尽くされていたら、どんな状況を意味するでしょうか。

反対に夢の実現をサポートする手帳とはどんなものか、どんな使い方をするのでしょうか。

その答えを知るべく、コボリジュンコさんのセミナー「ワクワクする未来を実現する手帳術」に参加してきました。主催は朝活@富山さんです。





自分のことがわからなければ、何も始まらない

セミナーはコボリさん開発の「逆算手帳」(9/20発売)を使って進行します。

コンセプトは自分のライフビジョンから逆算して行動計画を立てること。
ライフビジョンを描くには、自分のやりたいことを把握する必要があります。

その有効な手段が「My Wish List」にやりたいことを100個書き出すことであり、いかに自分のやりたいことを把握しているかがポイントになります。

セミナーでは5分間で50個を目標にやりたいことを書き出すこと、そこからライフビジョンを作るワークがありました。




ライフビジョンの設計は逆算手帳のコアであり、これなしには行動計画も作れません。「自分のやりたいこと」は、自分の日常を記録することでより鮮明になります。

このあたりはコボリさんの著書「あなたの夢を叶える100年日記」でもウェイトが置かれ、記録方法が紹介されていました。

記録内容は詰まるところ、ライフログとユビキタス・キャプチャーのどちらがいいかという話になるのかもしれませんが、これは自分になじむほうでいいと思います。

いわゆる「モレ本」などを読んで、MOLESKINEなどのノートにユビキタス・キャプチャーやライフログを取ろうと決意した人も多いかもしれません。ですが、年が明けてそろそろ辛くなってきてはいませんか? 続けるコツを考えたいと思います。
www.itmedia.co.jp


正しい努力と習慣でつかむ未来

今回僕が参加したセミナーは、ライフビジョンを設定するところまで。
具体的な行動計画の作成は別セミナーとなっていました。

逆算手帳のページを見れば、10年以内のビジョンや今日やるべきことが俯瞰できるようになっています。

このプランニングは努力を空回りさせず、正しい航路を進むためのものとしています。そのさなかに起こった予想外の出来事や脱線は、別の幸運をもたらしてくれる可能性があります。




しかし、見当違いの航路を突き進んでしまっては、疲弊を伴う経験が残るだけかもしれません。この点については、徳本昌大さんの記事でわかりやすく示されています。

努力は裏切らないって言葉は不正確だ。正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない。(林修) 「努力は必ず報われる」と言いますが それには、林氏...
tokumoto.jp

進むべき航路を捉え、行動計画ができたなら、やはり大切なのは行動を習慣化すること。

やりたいことや夢を実現するため、毎日できることは何だろう?
これを意識することが、努力の調律につながるのではないでしょうか。

逆弾手帳には、手書きをバッサリ切り捨てられない、人生を変える力がある気がするのです。




人気の投稿