スキップしてメイン コンテンツに移動

奥野宣之さん講演会「もっと使える図書館」に参加しました



本館、分室などを含め、きっとどこの街にもある図書館。

全国の図書館設置数は2015年集計で3261館を数え、ほぼ全市(99%)が図書館を設置しているそうです。

それほど身近な存在の図書館ですが、利用者の大半がごく限られた使い方に留まるのが実情のようです。今回は今年3月に『図書館「超」活用術』を出版された奥野宣之さんの講演会に参加し、図書館の活用方法を伺いました。


なぜいま図書館なのか

図書館利用についてのイメージはいくつか挙げられると思います。
中でも多いのが、ネットですぐ情報が得られるのに図書館に行って調べる必要はないというもの。

しかし「ネットですぐ得られる情報」には、調べる内容が「答えのある問題」という条件が予め付いています。例えば次の問題のように。

  • 建築家になるにはどんな資格が必要?

これに対し、自分がどんな仕事に向いているかなど「答えのない問題」は別です。ひとりひとりの答が違うため、独自に情報収集して自分なりの答を導き出すしかありません。これを可能にするのが肥沃な専門情報を所蔵する図書館というわけです。


これだけは覚えておきたい3つの基礎知識

『図書館「超」活用術』で様々なテクニックを披露している奥野さんから、「これだけは知ってほしい」を3つご紹介いただきました。

 NDC(日本十進分類法)
 図書館の全資料を10のカテゴリに分類して並べる分類記号は全国共通
 2、3個覚えておけば本を探す手間がかなり省ける

 レファレンス
 図書館の司書による資料探索、調査相談、文献案内のこと
 レファレンスサービスは資料探しの時間を節約してくれる

 図書館ネットワーク
 あらゆる図書館はつながっており、資料を融通しあっている
 見たい本が置いてなかった場合、別の図書館から取り寄せてもらえる

図書館利用の取っ掛かりである資料探し。この3つをおさえれば、自分だけの答を導くための探索・調査効率が大幅に向上します。


図書館活用術の基本と応用、そして記録術

自ら司書資格を取得し、図書館の機能を熟知する奥野さん。
資料探索ひとつを取っても、効率化をゴールにしているわけでなく、発想の広がりをもたらす工夫が施されています。

例えば、基本手法の組み合わせによる応用。
基本手法が「興味のある棚の前に立ち、じっくり見て本を探す(棚見)」と「図書館設置の検索端末(OPAC)で本を探す」だとします。

あくまで順序は「棚見」が先。気になった本を取り、目に付いた「キーワード」を検索端末にかけ関連図書を出す。関連図書のNDC(分類記号)を確認し、その分類記号の棚に行き本を取る。

この一連の作業は「棚見ーOPAC往復法」と呼ばれ、繰り返すことで潜在的な情報ニーズを掘り起こし、発想の広がりに効果的としています。



このほかにも著書掲載のテクニック解説や、訪問された図書館の情報など多数ご紹介いただきました。そしてやはり、ノート愛溢れる奥野さんからは読書に関連した記録術が放たれます。

読書は記録で頭に残すということでアナログ推奨となります。というのも、アナログノートには手書きや切り貼りした時の空気が残り、記録内容がこの空気と共に長期記憶になるからです。僕もモレスキンノートブックのユーザーですから至極納得できます。

ご自身のノートを見る奥野さん

奥野さんの読書記録で面白いのは、読書記録と一緒にほかの記録も残しておくこと。本の帯を貼るのはわかりますが、「貸出票」をスクラップするのは初めて聞きました。これで借りた当時の興味がわかり、こうした背景記録が記憶強化を助けるそうです。


多様で豊かな情報と出会うために

資料探索に注力することだけが図書館活用術ではありません。その図書館にしかない「名物」を楽しむことも活用のひとつです。

ここでいう名物とは、その地域の図書館しか熱心に集めない郷土資料やレファレンスブック(参考文献)を指し、歴史や統計データなどの貴重な情報源になります。これらは書棚ではなく「別置」と呼ばれる独立したコーナーに置かれ、利用者向けにアピールされています。

地元図書館を幾度も訪れながら、こうしたサービスの存在は本当に知りませんでした。奥野さんは、どの図書館に行っても必ず「別置」コーナーをチェックするそうです。



図書館を活用できていないのは、図書館の事をあまりに知らなさすぎるから。

いちいちモレスキンになぞらえて申し訳ないのですが、モレスキナーにとってモレ本がそうであったように、『図書館「超」活用術』は図書館利用の画期的な指南書であると思います。

奥野さんという、図書館活用術を発信し続ける司書が貴重であることも。

何も必要に迫られた機会利用に限らず、寄り道感覚で図書館に入ってもいい。
休日にカフェに行く習慣とセットにしてもいいと思うのです。
求めるものが無ければ、やりたいことができなければ、図書館に相談とリクエストを重ねればよいのです。

自分だけの問いに対し、ネットでは見つからない答えが集められる。
きっとあなたの街にもある、自分だけの問いに向き合ってくれる図書館に行ってみてはいかがでしょうか。



このブログの人気の投稿

【朝活】ダメダメ人生から復活する方法(徳本昌大さん)に参加しました

約2年ぶりに、徳本昌大さんのセミナーに参加してきました。
主催は朝活ネットワーク富山さんです。




【朝活】5/28(日)ダメダメ人生から復活する方法 ~アル中を克服して複数の会社の取締役になった徳本昌大が人生を劇的に変える方法

サラリーマン時代の徳本さんが、ワーカホリックでアルコール中毒であったことはお聞きしていました。

その後断酒に成功し、読書を通じて、あるいはコーチングとの出会いによって夢実現の道を切り開いたことも。

今回のセミナーでは、この行間に刻まれている徳本メソッドを、詳細にレクチャーいただきました。



小さな習慣がもたらす未来 困ったことに、悪い習慣は完璧なまでに無意識のもと行われます。
徳本さんによれば、悪い習慣を良い習慣に置き換えるには、イメージの力と実行意識が不可欠です。

良い習慣は最小レベルのアクションで十分であり、これを継続の周回軌道に乗せる。やがて習慣となり、小さな変化が生まれ、夢の実現につながっていく。

これはとりも直さず、ライフハックの本質と符合するように思います。
とかく効率化や生産性を上げるテクニックとして見られがちなライフハックですが、そうした狭い解釈を指すわけではありません。

小さな習慣が自分にいい影響を与え、人生さえも変える。
ライフ(人生)をハックすることで未来の可能性が広がる。

今の一瞬をうまくこなす技術だけでなく、もっと広いスコープで見た、自分への投資行動もまたライフハックなのです。


悪習慣リストと夢リストの活用 悪い習慣の恐い点は、時間や健康、可能性というリソースを奪うことにあります。
前段でも述べたように、無意識に行われていることも厄介です。

これに対抗する手段として、徳本さんから悪習慣をリストに書き出す作業を勧められました。これで自分の状況が鮮明になり、何をやめるべきか、思考スイッチが入りやすくなるといいます。

また、「夢100リスト」を書き続けることも有効な手段です。
夢100リストは、達成したい事やなりたい自分のイメージを明確にします。
これを逆算思考でプランニングすれば、おのずと3つのリソースを無駄にしない意識が働くわけです。

徳本さんは夢100リストを書き続けており、達成項目が増えていく様が喜びと意欲を掻き立てるのだそうです。




まとめ このほかにも、徳本さんの書評に出てくる著者とその引用句の紹介、好きなコトを続けること…

【朝活】iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!に参加してきました

去る1月18日、久しぶりに朝活@富山に参加してきました。


【朝活】1月18日(日)「iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!!」



講師はソーシャルおじさんこと、徳本昌大さん。
今回は、徳本さんが考える「幸せになるためのルール」を3つのテーマで講演いただきました。



悪い習慣を良い習慣に置き換える 変化するには、古い習慣を新しい習慣に置き換えねばならない 徳本さんからご紹介頂いたのが、米国の作家 でありコラムニストのウィルハード・アラン・ピーターソンの言葉です。

かつてご自身も習慣の置き換えによって断酒を成し遂げ、自らの環境や立ち位置を一変させたとのこと。

人生を変える決心をしたとき、最初に意識されたのは「習慣」だったわけです。それ故か、徳本さんの熱量の高さを感じました。

ちなみに、徳本さんがオススメされていた習慣化アプリはこちらです。

ウィプル 習慣 - Weple Habit, To-Do
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

習慣を継続するには、いきなり劇的な変化を求めず、まず変化の芽を投じることから始める。小さくても新しい習慣を続けてみる。

これは僕の感覚でしかありませんが、そこから人生を変える可能性が実感できるのだと思います。


僕はGoogleのエンジニアであるマット・カッツ氏のTEDトークが好きで、何度も見ています。その名も「30日間チャレンジ」



彼はこのトークの中で、「小さな持続可能な変化であれば続けられる」と語っています。だから自分のやりたかったことを、試しに30日間やってみましょうと。

習慣化の小さなスタートを切ることが、変化の足がかりになるのです。



iPhoneとソーシャルメディアとブログでインプットとアウトプット 新しい習慣が身に付き始めると、時間の使い方や意識の持ち方に変化が現れます。やりたいことを実行するうえで、必要な情報を常に意識するようにもなります。

ここでのポイントを、徳本さんはこう仰っています。

今日探そうと思う情報を意識してネタを集める
無意識に、偶発的に情報に出会うのではなく、センシティブでいること。 日頃集めたネタをEvernoteにインプットし、蓄積させていくこと。
蓄積したネタをベースに、SNSやブログでアウトプットすること。

いずれの流れも作業の中心はiPhoneであり、スキマ時間は可能な限りiPhon…

スターバックスコーヒーの紙ナプキンスケッチを楽しむ

久しぶりにスターバックスコーヒーでスケッチをしてきました。
いつものモレスキンノートブックではなく、紙ナプキンに描くスケッチです。


このスケッチは、スターバックスコーヒー富山環水公園店のテラス席から見える天文橋(てんもんきょう)を描いたもの。使ったのは茶色と焦げ茶色の色鉛筆だけです。

この日は天気が良く、テラス席にはいい風が入り、なんとも心地よい時間を満喫することができました。


スケッチをしている間、他の感覚が遮断されているかというとそうではありません。僕の場合、音はすごく影響があり、いい曲が流れてきたらすかさずキャッチします。

この日も描き始めるや否や、テラスにマック・デマルコの曲が流れてきました。PVはおどろおどろしい感じですが、耳触りの良い脱力ボーカルのおかげで5分で描き上げています。




ちなみにこちらは、2015年12月に富山環水公園店の店内で描いたもの。この時はロディアの鉛筆で描き、お店に進呈して帰りましたので今は手元にありません。



なぜ紙ナプキンに描く気になったのか スターバックスコーヒーの紙ナプキンに描く理由は何か?
まずは色合いや紙しわに、ビンテージペーパーの装いを感じるからです。

これまでモレスキンノートブックに描いてきたスケッチは、期せずして「ビンテージ風だ」と言われることが幾度もありました。

自分もその雰囲気が好きなこともあり、作風に現れたとしても不思議ではないので、この紙ナプキンに描くのはごく自然な感覚だったのです。


また、スターバックスコーヒーでは紙コップや紙ナプキンなどに、店舗で使われた牛乳パックの再生紙やFSC(Forest Stewardship Council)の認証紙を使用しているそうです。
Topics(2016/09/27)|スターバックス コーヒー ジャパン 1杯のコーヒーから世界の森につながるFSC®認証紙のペーパーカップ www.starbucks.co.jp
使用後には捨てられる運命の紙ナプキンですが、こうしたスケッチを描いて残すのも、サステナブル・ユースのひとつかと思います。 機会があれば今後も作品を増やし、紙ナプキンアートとして楽しむのもいいかもしれません。

myMoleskine クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」に参加しました

モレスキンが日本限定で開催したイベント、クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」に参加しました。

クリエイティビティ・チャレンジとは、モレスキンがお題を出してユーザーから作品を募るイベントのこと。表現形式は自由で、さまざまなページがモレスキンのサイトに寄せられます。



これまでクリエイティビティ・チャレンジに挑んだことはなかったのですが、公式ファンサイト「モレスキナリー」管理人のYOKOさんからお誘いを受け、参加を決めました。
桜レポート - myMoleskine Community クリエイティビティ・チャレンジに参加して桜の季節をお祝いしましょう!あなたが心奪われた今年の桜を表現し、#M_Sakuraのハッシュタグを付けて、4月23日(日)までにご応募ください。 mymoleskine.moleskine.com
「らしからぬ」で彩る桜 古来より日本人の精神と文化に深く根付く桜。
どんなに定番の佇まいや景色を見ても飽きない、毎年心に潤いを与えてくれる桜は無敵の存在と言えるでしょう。

心をとらえてやまない美しさには、きっと無意識に求める「らしさ」があるはずです。でも僕は、心に残る桜のページをモレスキンに入れるなら、「らしからぬもの」で桜の季節感を表現したいと考えたのです。

そんなとき、まず頭に浮かんだのは桜ではなく一枚の写真でした。
そこにはYOKOさんと、優しい顔をした「象」が写っていたのです。

Finally, I met God. #chaingmai YOKOさん(@yokonotes)がシェアした投稿 - 2017 3月 31 12:07午後 PDT

チェンマイで撮影されたこの写真に、桜と同じように強く惹かれるものを感じました。僕の中で、神の使いである象の姿と桜の神秘性が繋がったわけです。

本来、この象(チェンマイ)と僕の見た桜(富山)は出会うはずもありません。しかしモレスキンならば、そのページ上に居合わせることが可能です。

心優しき象が、桜の優しい光に包まれる。
象の姿も、桜の色に染まっています。

それぞれは現実の存在ですが、「らしからぬ」イマジネーションのページをモレスキンに込めました。これもクリエイティビティ・チャレンジの一つのスタイルだと思っています。

また機会があれば参加して、モレスキンに新たなページを刻みます!

コボリジュンコさんの逆算手帳に掲載していただきました!

今年7月、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんから、あるご依頼をいただきました。内容はコボリさんプロデュースの「逆算手帳」に記入例を載せるというもの。ライフビジョンのページに、イラスト付の記入例を書くということでした。

約5ヵ月間スケッチを描いておらず、正直不安もありましたが、せっかくのコボリさんからのご依頼。自分の願望を呼び起こし、夢中で取り組んだ結果、七夕の日に完成しました。

逆算手帳のオフィシャルサイトには、手帳のコンセプトがこう書かれています。
「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳
逆算思考自体は、ビジネスプロジェクトのロードマップやマイルストーンを考えるときにも使います。しかし個人の夢は自分の欲求純度100%ですから、楽しさのテンションがおのずと変わってきますね。


●オフィシャルサイト
GYAKUSAN planner






「〜したいなあ、できたらいいなあ」だけで終わらせず、少しずつでも実行することが大事です。
逆算手帳のライフビジョンを描きながら、僕はタモリさんの名言が頭をよぎりました。
真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!

10月10日、朝活@富山さん主催のセミナーにコボリさんが登壇されます。

【朝活】ワクワクする未来を実現する手帳術


以前、コボリさんご自身も壮大な夢を持っていることを知りました。
今回のセミナーでどのようなお話が聴けるか、またレポートしたいと思います!


逆算手帳 GYAKUSAN planner 2017年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)
posted with カエレバ オールアングル Amazon 楽天市場

【プチ評】問題解決で面白いほど仕事がはかどる本(横田尚哉)

「なかなか進まないが、問題解決しなければならない」
「いくつか手を打ってきたが、解決には至らない」

ビジネスの現場で起こるこうした声。
ともすれば、未来永劫続くのかもしれません。

その原因を示す、ある偉人の言葉が横田尚哉さんの最初の著書に紹介されています。
いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない(アルバート・アインシュタイン)

問題解決のコンサルタントとして、30年以上クライアントの問題を解決してきた横田さん。多くのビジネスパーソンや企業そのものが、うまく解決できない理由を2つ挙げています。

問題の種類、解決のメカニズムを正しく知らない思考を助ける道具を十分に使いこなしていない
本書は、問題解決をする側自身が抱える問題に、正しい知識と理論、解決スキルを示すものになっています。

本書の問題解決の手法は、1947年に開発されたファンクショナル・アプローチがベース。思考原理は次のとおりです。
すべてのモノ(現物)やコト(現象)には、必ずファンクション(機能、役割、効用、意図など)がある。問題となっているモノ・コトの「カタチ」から離れ、本質となる「ファンクション」を足がかりに思考する。ファンクションを捉えるとき、「これは誰のため、何のため」を繰り返し、答えが出ないところに問題と解決ポイントが存在する
ファンクショナル・アプローチの原理については、横田さんの過去の著書で詳しく解説されています。本書では原理を簡潔にまとめ、解決スキルにフォーカスしています。



問題解決を面白くする未来思考 問題発見後に「分析」「創造」「洗練」の3ステップを踏むのですが、分析まではファンクショナル・アプローチの思考原理によるものです。

面白さが顔を覗かせるのは「創造」の段階。
過去の事例分析から仮説検証法で解決しようとせず、解決策をイチから創り仕上げる段階です。

ある意味、その企業の慣習や思考メソッドを上書きするかもしれません。
しかし根本的な問題解決に至らない理由が、冒頭に述べたアイン・シュタインの言葉にあるとするならば、取るべき選択肢はおのずと決まるはずです。

ここではヒラメキを人為的に起こりやすくする方法や、アイデア発想法を活用することなどが挙げられています。

面白いことに、このヒラメキやアイデア発想については、28年前に読んだジェームス・W・ヤングの「アイデ…