Instagramのタイムラインを小粋な本にする。Instantbookでフォトブックを作ってみた!



以前、Flickr(フリッカー)とMoleskine(モレスキン)のフォトブックサービスについて取り上げました。

2013年11月、写真共有コミュニティサイトのFlickr(フリッカー)から、フォトブックサービスがリリースされました。 【Flickr Photo books】 Creator 当初は米国ユーザー限定サービスだったようですが、現在は日本でも利用できるよう...
minny67.blogspot.jp

どちらもかなりクオリティーの高いブックデザインで、価格もそれなりの設定になっています。


もう少し手頃なものに目を向けると、Instagram(インスタグラム)に投稿した写真からフォトブックを作る Instantbook(インスタントブック)が、ほどよいコンパクト感で楽しませてくれます。



Instantbookの作り方はいたって簡単です。
まずはサイトにアクセスを。

【Instantbook】https://www.instantbook.jp/




トップページの「いますぐつくる」をクリックします。





次に、Instagramのアカウントとの連携を許可します。





すると、Instagramの投稿写真が一覧表示されます。




画面右上の歯車をクリックすると、アカウント設定が表示されます。
ここで、プリントしない写真にハッシュタグを付ける設定ができます。
僕はハッシュタグを#npとしました。




Instagramの写真にも、コメントにハッシュタグ#npを入れます。
これでプリントの対象から外れます。





このほか、左ページの印字や右ページの写真印刷スタイル(フレームの有無)も設定することができます。写真の並び順は新しい順または古い順しか設定できません。




設定を終えたら、先ほど表示されたInstagramの投稿写真からプリントの起点になる一枚を選びます。選んだ写真以降の60枚が、プリントの対象になります。

そのあと、表紙に載せる写真を選びます。




今回の設定内容が表示されますので、確認してから注文手続きに進みます。




Instantbookの価格は送料・消費税込みで1,080円です。(2016年1月現在)

注文するごとに、本の背と表表紙に巻数がナンバリングされます。
2冊目を注文した場合は「2」が印字されます。

納期は1〜2週間とのことですが、僕の場合は10日で届きました。
ちゃんとケース付なのが嬉しいですね。




あまりにシンプルでミニマルな印象を放つInstantbookですが、Instagramの写真をポートフォリオとして見せるのに十分な機能を持ち合わせています。

細かな編集のできない仕様が、Instagramのタイムラインの生々しさを再現し、かえって表現が際立つのかもしれません。


コンパクトで可愛いデザインながら、自分の世界をしっかり主張できる。

Instantbookで小粋なフォトブックを作ってみてはいかがでしょうか!

人気の投稿