モレスキンのページに書き損じはない、どれも小さなストーリーである


おととしの12月、渋谷ロフトのモレスキンイベントに行ったときのことです。


去る12月6日、渋谷ロフトで開催されたモレスキンイベントに参加しました。 渋谷ロフト1階では、12/27まで期間限定ポップストア「モレスキンギャレリア」がオープンしており、週末にさまざまなイベントが行われています。 期間限定!ロフト渋谷にモレスキンメガストアがOP...
minny67.blogspot.jp

1階に開設されたポップストア「モレスキンギャレリア」で、モレスキンのモノグラムスタンプを押しました。

そのときはうまく押せず、右端が尻切れになり、「あーあ」と思っていました。


去年の12月に再びそのページを見たとき、カスタマイズしようと思い着色したところ、収まりがついて心も落ち着いたのです(笑)




他人が見れば、ただのスタンプを押したページでしかありません。
しかし僕とっては、この1ページに1年間の時間が流れているのです。

たわいもないストーリーですが、「モレスキンのページに書き損じはない」という持論を改めて実感しました。

どんなページであっても、心の動きをちゃんと捕まえていてくれる。
モレスキンとは、そういうノートブックなのです。

人気の投稿